ETS Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

受験者の方へ

特徴・構成・料金

TOEFL®︎ Essentials™️テストは、利便性に優れた自宅受験型、約90分の試験時間、短い即答式タスクが特徴のアダプティブ方式、公正な受験料金といった観点から、幅広い層の方々にご利用いただけるテストとなっています。

加えて、これまでのTOEFL®︎テストにはなかった基礎スキル(語彙力、文法力)の測定や、事前に録音された面接官の声を用いたバーチャルインタビュー、スコア受取団体が志願者について知ることができる5分間のパーソナル ビデオステートメント(スコア対象外)も新たに導入されました。

このページでは、TOEFL®︎ Essentials™️テストの特徴、各セクションの構成、受験料金(リスケジュール料、キャンセル料含む)などをご案内しています。

特徴

イメージ

包括的4技能測定が可能な世界中で認められている英語能力測定試験

世界最大の教育測定機関ETSが1964年に開発したTOEFL®テストは、これまでに世界中で3500万人以上が受験している実績のある英語能力測定試験です。その形式は1964年のTOEFL® PBTテスト(ペーパー版)に始まり、1998年のTOEFL® CBTテスト(コンピュータ版)、2005年のTOEFL iBT®テスト(インターネット版)へと進化してきました。日本でも2000年のTOEFL® CBTテスト導入以降、100万人を超える受験者に利用されています。

TOEFL®︎ Essentials™️テストは、新型コロナウィルスの対応策として2020年に導入されたTOEFL iBT®︎テストの自宅受験版 TOEFL iBT®︎ Home Editionsに続き、TOEFL®︎ 受験者層の裾野を更に広げるテストとして、2021年8月21日から開始します。
ETSが全く新しいテストを導入するのは、2005年にTOEFL iBT®︎テストをリリースして以来16年ぶりとなります。

イメージ

アダプティブ方式でアカデミック英語と一般英語を測定

TOEFL®︎ Essentials™️テストはアダプティブ方式を用いており、受験者の回答によって、自動的に次のテストの設問が選択され、表示されます。受験者の選択によって英語の習熟度が測定できるため、効率性に優れていると言えます。

テスト内容は、アカデミック英語と一般英語がそれぞれ50%程度で構成されていますので、主に大学・大学院レベルのアカデミックな場面で必要とされる英語運用能力だけでなく、様々な場面での英語の習熟度が測定できます。

アダプティブ方式が適応されるセクションは、Speakingを除く3セクション(Reading、Listening、Writing) です。

イメージ

受験者が求めるアクセスの良さ

  • 日頃使い慣れている自宅PCとキーボードを用いて受験できるため、ユーザーフレンドリーです。
  • 利便性が高いだけでなく、試験時間の長さ、手頃な受験料金も魅力です。
  • アダプティブ方式により、出題の出現スピードがTOEFL iBT®︎テストよりも早いため、効率良く受験したい方の期待に応えます。

スコア受取団体が求める質の高さ

  • ETSのリサーチに基づいた信頼性・正当性
  • 人による遠隔監視システム、人によるスコアリング、テスト内容の厳密性が担保されています。
  • ETS®︎ Data Managerユーザーは、受験者のWritingとSpeakingの実際の回答を最大2つまで確認できます。
  • スコア対象外のパーソナルビデオステートメント(5分間のビデオ録画)で志願者の自然な姿を知ることができます。
  • テストの質において、スコア受取団体からの評判を維持します。
イメージ

新たに語彙力・文法力・インタビュー対応力の測定を導入

ファンデーショナルスキル
Listening、Reading、Writing、Speakingにおいては、TOEFL iBT®︎テスト同様セクション別スコアが算出されますが、それぞれのセクションで、ファンデーショナルスキル(例として語彙力、文法力)の習熟度が新たに測定されます。
ファンデーショナルスキルは、パーセンタイル表示のスコアで、セクション別スコアとは別にスコアレポートに表示されます。

バーチャルインタビュー
Speakingセクションでは、新たにバーチャルインタビューのタスクが出題されます。受験者は事前に録音された(実際の人間に扮した)面接官との会話を想定しながら、自宅PCのマイクを使ってバーチャルインタビューを実施します。
インタビュー形式なので、インタラクティブな会話力、対応力が測られます。SpeakingとWritingのスコアは、TOEFL iBT®︎テスト同様、採点者の先入観により影響を受けないよう、複数の採点者とAI採点を併用した採点方式を取り入れています。

イメージ

スコアは国際標準CEFR A1〜C2を網羅

「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく測定し、国際標準CEFR A1~C2に連動したスコアで評価されます。TOEFL®️ Essentials™️テストでは、受験者のレベルに応じて出題される問題が変わる多段階アダプティブ方式(短い即答式タスクが多数出題)を採用しており、幅広い英語運用能力を測定することができます。



構成

TOEFL® Essentials テストはTOEFL iBT®︎テスト同様、4技能を測るテストです。
テストの最後に5分間のパーソナル ビデオ ステートメント(スコア対象外)があります。
出題の順番は、Listening→Reading→Writing→Speaking→パーソナル ビデオ ステートメントの順で、試験時間は約90分。休憩時間はありません。

 アダプティブ方式テストのため、時間と問題数はおおよその目安であり、受験者によって異なる場合があります。また、Listening、Writing、Readingのいずれかのセクションで、得点にならない問題が含まれる場合があります。これらの問題は研究目的であり、スコアには含まれません。

 TOEFL iBT®︎テストは、Reading→Listening→10分間の休憩→Speaking→Writingの順で、試験時間は3時間です。TOEFL iBT®︎テストの形式に慣れている方はご注意ください。

LISTENING  21〜34分
問題数: 30〜45問

Listeningセクションでは、大学の講義、私生活、一般生活に関する会話やトークを理解する能力を測定します。
出題音声は、カナダ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドのアクセントです。

  • 聞いて答える 2人の話者による短いやり取りの中で、質問や文を聞き取り、最も適切な解答を選択する。[General]
  • 会話を聞く 2人の話者による短い会話(食事、娯楽、健康、住居、旅行など)を聞き、その会話に関する2つの質問に答える。[General]
  • アナウンス アカデミック関連の短いアナウンスを聞いて、それに関する2つの質問に答える。[Academic]
  • 短い講義 アカデミック関連(歴史、芸術、ビジネス、科学など)の短い講義(100~250語)を聴いて、それに関する4つの質問に答える。[Academic]

YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

Listening解説動画(日本語字幕付き)

READING  22〜33分
問題数: 30〜45問

Readingセクションは、アカデミックな文章とノンアカデミックな文章の両方を理解する能力を測定します。

  • ボキャブラリー 単語を見て、4つの選択肢の中から最も似ている単語を選ぶ。
  • 日常生活 ポスター、メニュー、SNSの投稿、ニュース記事などの短い文章(15~150語)を読み、2~4問の選択式問題に答える。[General]
  • テーブル 学術的な情報源(教科書、新聞、雑誌、ウェブサイトなど) から得た情報が格子状の表(50~85語)の中に書かれており、問題数は4問。各問題に設置された3つの選択肢(True、False、Not Stated)のから正しいと思う単語を選ぶ。[Academic]
  • パッセージ 中等教育または高等教育レベルで書かれた科学、歴史、芸術、ビジネス等の分野の短い文章(約200単語)を読む。問題数は6問。[Academic]

YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

Reading解説動画(日本語字幕付き)

WRITING  24〜30分
問題数: 15〜19問+2タスク

Writingセクションは、15~19問の文章作成問題と、2つのライティングタスクがあります。

  • 文章作成問題 単語やフレーズの順番が間違っている文章を見ながら、順番を動かして文法的に正しい文章を作る。
  • メールを書く 特定の目的のためにメールを書く。例えば、推薦、招待、問題の解決策を提案するなど。
  • 写真を説明する SNSの写真投稿について書く。SNS上の友達に、その写真について説明する。
  • 学術的な議論のために書く オンライン授業のディスカッション フォーラムで、与えられたトピックに関する意見を述べ、意見の裏付けをする。

YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

Writing解説動画(日本語字幕付き)

SPEAKING 13分
問題数: 3タスクの中で19回答

Speakingセクションは、13分間の中に3タスク(19回答)あります。

  • 音読する 日常生活や大学キャンパス内での会話の一部を音読する。1~3文程度の会話が6ターン分ある。
  • 音声を聞き、復唱する 学術的または社会的な場面でのシナリオについて、8つのセンテンスを繰り返す。
  • バーチャルインタビュー 事前に録音された面接官の映像を見ながら実際の会話を想定し、テーマに関連した5つの質問に対して自分の経験や意見を述べる。

YouTube動画はChromeまたはFirefoxでご覧ください。

Speaking解説動画(日本語字幕付き)

Personal Video Statement 5分
問題数: 2問

最後に、パーソナル ビデオステートメントを録音し、2つの質問に回答する。パーソナル ビデオステートメントの回答はスコア対象外なので(採点されません)、出願先に、自分自身の見識を伝え、個性をアピールすることができます。

  • 1つ目の質問 いつ受験しても、常に "What would you like to tell people about yourself? "です。画面は以下のように表示されます。
  • 2つ目の質問 ランダムに選ばれた2つのトピックからどちらか1つを選択し、自分の意見を述べる。

どちらの質問も、準備に30秒、回答は2分間(高得点を狙うには1分以上・2分以内に話し切ること)。

回答は1度だけ録画し直すことができますが、再録画した場合は、2回目の録画のみ保存されます。 提出前に録画内容を確認することはできません。
パーソナル ビデオステートメントは、再録画しない場合約5分間で終了しますが、再録画を行うと、5分以上かかります。

TE personal-video-statement.png

料金

項目  料金 金額の適応条件
受験料 通常 US$110 テスト日の7日前までに申込み、日本国内で受験すること
遅延申込み US$130(上記+手数料 US$20) テスト日の2日前までに申込むこと
リスケジュール料 US$30  テスト日の丸4日前までに受験日時の変更手続きをすること
キャンセル料 US$55(受験料の50%) テスト日の丸4日前までにキャンセル手続きをすること

上記の料金は予告なく変更される場合があります。

銀行、クレジット(デビット)カード会社によって支払を却下された場合、手数料US $20がかかります。

1. 受験料

TOEFL®︎ Essentials™️テストの受験料は、お住まいの地域によって異なりますが、料金幅はUS $100~120です。日本で受験する場合は、US$110となります。
受験料のお支払いは、クレジットカード、eチェック、PayPal®、バウチャー、紙の小切手、マネーオーダーのいずれかをご利用いただけます。

2. 遅延申込み手数料

テストの申込みは、通常試験日の約6カ月前から開始し、試験日の丸7日前までに終了となります。
ただし、急いで受験が必要な方には試験日の2日前まで 受験申込みを受け付けます。この場合の遅延申込み手数料はUS$20です。

3.リスケジュール料

テストの受験日時を変更する必要がある場合は、テスト日の丸4日前までに変更してください。例えば、テストが土曜日に行われる場合、火曜日までに予約変更またはキャンセルを行う必要があります。テストの日程変更にかかる料金はUS$30で、新しい予約を登録する前にお支払いいただく必要があります。

4. キャンセル料

何らかの理由でテストをキャンセルする必要がある場合、テスト受験料金の50%の返金を受けるには、テスト日の丸4日前までにキャンセルする必要があります。払い戻しの規定は次の通りです。

  • 返金はUS$で行われ、税金が含まれています。
  • 現金でのご返金はできません。
  • 登録手続きが行われなかった場合や、試験監督に必要な身分証明書を提示しなかった場合は、返金されません。
  • クレジット/デビットカードまたはEチェックでお支払いいただいた場合、返金は元のクレジット/デビットカードまたは銀行口座に振り込まれます。
  • パーソナルチェックでお支払いいただいた場合は、処理に8週間ほどかかります。
  • テストの予約申込みをバウチャーで支払ったが、まだ受験予約をしていない場合は、バウチャーを購入した組織に連絡してください。すでにテストの受験予約がされている場合は、通常の返金ポリシーが適用されます。
  • 払い戻しは、登録のみに適用されます。その他のサービスには適用されません。

上記情報は2021年8月の情報です。最新情報は、ETSの Rescheduling, Canceling and Refundsご案内Webページからご確認ください。