CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

受験者の方へ

5つの特徴
TOEFL®テスト ~世界で学べる英語力のスタンダード~

イメージ

世界で実績のある英語能力測定試験

世界最大の教育測定機関Educational Testing Service(ETS)が1964年に開発したTOEFL®テストは、これまでに世界中で3500万人以上が受験している実績のある英語能力測定試験です。その形式は1964年のTOEFL® PBTテスト(ペーパー版)に始まり、1998年のTOEFL® CBTテスト(コンピュータ版)、2005年のTOEFL iBT®テスト(インターネット版)へと進化してきました。日本でも2000年のTOEFL® CBTテスト導入以降、100万人を超える受験者に利用されています。

イメージ

「英語で学ぶ力」を測るアカデミックなテスト内容

主に大学・大学院レベルのアカデミックな場面で必要とされる、英語運用能力を測定する試験です。

自然科学、社会科学、芸術など幅広い分野の教養科目や学校生活に関する題材が扱われます。また、「読んで」「聞いて」その上で「話す」「書く」など、実際の留学生活を疑似体験するIntegrated taskという問題形式も含まれ、より実践的な英語力を測ります。

イメージ

大学入試から海外留学、就職までグローバルに活用できるスコア

TOEFL®テストのスコアは、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドなどの英語圏の大学・機関だけでなく、世界150か国、11,000以上の大学・機関で活用されています。

また日本国内でも大学入試、大学院入試、単位認定、教員・公務員試験や国際機関の採用の場などで活用が広がっています。

イメージ

コンピュータ受験が可能にする信頼性の高いテストと公平な採点

テスト当日にインターネット配信される問題をコンピュータ上で受験し、スピーキングは回答音声をマイクを通して録音、ライティングはタイピングで回答します。

世界中の受験者のスコアの公正性と公平性を確保するため、一貫性のある採点基準を導入しているETSの採点ネットワークを通じて採点されます。Speaking と Writing のスコアは、採点者の先入観により影響を受けないよう、複数の採点者とAI採点を併用した採点方式を導入しています。

イメージ

CEFRに連動したスコア型4技能テスト

「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能をバランスよく測定し、国際標準CEFR B1~C1に連動したスコアで評価されます。ご自分の現在の到達点がスコアで表示されるので、継続的な英語力の測定にも適しています。

facebook
twitter
line