CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

受験者の方へ

4. テスト受験

テスト受験の流れを知っていれば安心して受験に臨むことができます。
自宅受験にあたり、必ずTOEFL iBT® Special Home Editionの受験の流れを理解の上、受験に適した機器を準備し、受験する部屋を用意するようにしてください。

At-Home Testing with ProctorU®

TOEFL iBT® Special Home Edition受験の流れを確認しましょう。

テスト受験の前に

テスト受験の前に

  • テストのチェックイン前に、最終確認のためのProctorU®のシステムチェックを実行して問題を修正する。全ての問題は、予約時間の前に解決しておく必要があります。
    ※ProctorU®のシステムチェックについては、ETS Webサイトより実行してください。
  • テスト受験に不要な全てのブラウザとアプリケーションを閉じる。これはテスト中に回線容量のトラブルが起こるのを防ぐためです。
  • 自宅で他のデバイスがインターネットを使用していないことを確認する。
  • テスト受験に必要なものを準備する。(不必要な物の持ち込みは禁止)
    •  パスポートまたは規定に沿った身分証明書
    •  ノートテイキング用のホワイトボードやプラスチック製の透明シートなど(テスト後、試験監督者から見えるところですべてのメモを消去できるもの)
    • チェックイン用の携帯電話または手鏡
  • テスト受験の環境が以下を含む全ての受験要件を満たしていることを確認する。
    • 静かで明るい部屋
    • 机とその周りに不用品を置かない
  • 耳と顔が試験監督者に見えるようにし、テストに適した服装をすること。ジュエリーやその他アクセサリーの着用は避けること。
チェックイン
イメージ

チェックイン

  • テスト予約時間にProctorU®のアカウントにログイン

    チェックインは、テスト予約時間から15分以内に行ってください。15分を経過すると、キャンセルされ受験料金の払い戻しもありません

  • “Start Session”を選択
  • 認証手続(試験監督者への身分証明書(ID)提示含む)を行う

    ETSアカウントに登録されている氏名は、身分証明書(ID)の氏名のスペルと完全に一致している必要があります

  • 試験監督者は試験のルールについて確認し、監視目的のため受験者のコンピュータ画面へのアクセスを求める
  • 試験監督者の指示に従い、受験者は手鏡もしくは携帯電話を使用してコンピュータ画面を見せる
  • コンピュータのカメラを使用して机の上を含む、部屋全体(360度)を見せる
  • 試験監督者の指示を受けて、受験者はETSテストブラウザーを起動
    その後、試験監督者からテストにアクセスするためのETS IDとパスワードを受け取る
  • チェックインには約20分かかる
テスト中

テスト中

技術的な問題が発生したら

テスト中に技術的な問題が発生した場合は、口頭またはLogMeInチャット機能を通して試験監督者に通知してください。 チャットアイコン(青いフクロウ)は、PCのタスクバーまたはMac®のメニューバーにあります。
一時的にインターネット接続が切れた場合、接続が回復すると試験監督者に自動的に再接続されます。 試験を再開できる場合は、試験監督者が再開します。 再接続できない、また試験監督者と話すことができない場合は、ProctorU®(+ 1-855-772-8678)に電話して、サポートを受けてください。

テストの全セッションを通して、ProctorU®による録画、人間の試験監督者による監視、受験者の写真の撮影が行われます。 テスト中の受験者の写真は、TOEFL iBT®スコアレポートとしてスコア受取団体に提供されます。

試験監督者との通信

試験監督者との通信

  • テスト中、試験監督者がビデオカメラを介して受験者とコンピュータの画面を監視し、全てのテスト手順に従っていることを確認する
  • 試験監督者が常に監督できるようカメラに映っていること。 疑わしい行動をした場合、テストが無効になる可能性があります。
  • テスト中に試験監督者に連絡する必要がある場合は、話しかけて注意を引くか、LogMeInチャットを使用して連絡する。試験監督者が応答するまでに30〜60秒かかる場合があります。
  • 試験監督者が受験者とチャットしようとすると、青いフクロウが上下に跳ねます。
試験規定と手順

試験規定と手順

  • 携帯機器類、事前に書かれたメモ書きやテキストなど、許可されていないものを使用しないこと
  • いかなる種類の個人用録音機器類の使用は厳禁
  • 試験監督者以外の人と連絡・通信をしないこと
  • テスト中、ヘッドセットの使用に関して言及があるかもしれないが、TOEFL iBT® Special Home Editionテストではヘッドセットの使用は許可されていないため無視すること
  • Listeningセクション後の10分間休憩は、席を離れることが可能。

    時間通りに席に戻らない場合、テストはキャンセルされ、返金もありません
    なお、この10分間以外の休憩は認められていません

  • テスト終了時に画面上にReadingとListeningセクションのスコア(非公式)が表示される
    その後、スコアをレポートするかキャンセルするか選択する

    画面右上にある「Cancel Scores」を選択すると、全セクションのスコアがキャンセルされ、スコアレポートの発行および受験者へのスコアの通知はされません