CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

受験者の方へ

活用状況全般

当協議会では、全国の大学を対象にTOEFL iBT®テストスコアの活用状況に関する調査を定期的に実施しています。
近年(2012、2015、2018)に行った調査結果を比較すると、大学入試でのTOEFL iBT®テストスコア活用校数は、2012年と2015年では38校増加、2015年と2018年では80校も増加し、2018年にはTOEFL iBT®テストスコアを「利用する」の割合が60.2%になり、「利用しない」を上回りました。

また一般入試においての増加は顕著で、2012年は利用校数が11校だったのに対し、2018年にその数は133校と、10倍以上に増加しています。

その他、大学の単位認定においてもTOEFL iBT®テストスコアの活用は増加傾向にあります。

近年の動向

入試全体で活用増加

2012年以降、入学試験にTOEFL iBT®テストスコアを活用する日本の大学は増加しています。

大学入試におけるTOEFL iBT®テストスコア活用状況の推移

calendar2020.png
有効回答数(2012-2013:509校、2015-2016:547校、2018-2019:560校)

※参照:TOEFL iBT®テストスコア利用実態調査報告書

一般入試での利用拡大

一般入試でのTOEFL iBT®テストスコアの活用は著しく増加しています。

一般入試におけるTOEFL iBT®テストスコア活用状況の推移

calendar2020.png
有効回答数(2012-2013:206校、2015-2016:252校、2018-2019:337校)

※参照:TOEFL iBT®テストスコア利用実態調査報告書

直近の調査結果

2018年に全国の大学(751校)を対象にTOEFL iBT®テストスコア利用に関する調査を実施しました。

入試におけるTOEFL iBT®テストスコア利用状況 調査結果

Q.利用有無

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

(有効回答数560校)

Q.利用(入試)形態

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

(有効回答数337校)

Q.利用方法

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

(有効回答数337校)

その他の活用

単位認定

日本の大学の単位認定においてもTOEFL iBT®テストスコアの活用は増加しています。

単位認定におけるTOEFL iBT®テストスコア活用状況の推移

calendar2020.png
有効回答数(2012:388校、2015:515校、2018:518校)

※参照:TOEFL iBT®テストスコア利用実態調査報告書

    報告書では各大学の利用詳細もご覧いただけます。

 

facebook
twitter
line