CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

TOEFL ITP®テスト

TOEFL ITP®テストとは

TOEFL ITP®テストは、世界最大規模のテスト開発機関Educational Testing Service(ETS)(※1)により作成・提供される団体向けテストプログラムです。TOEFL®テストは1960年代に実施されて以来、世界で最も実績のあるアカデミックテストとして評価を得てきました。TOEFL ITP®テストは、 ペーパー版TOEFL®テスト(TOEFL® PBTテスト)(※2) のために制作された数多くのテスト問題を受け継ぎ、グローバルスタンダードによる評価測定を身近に教室内で行うことができます。

1 Educational Testing Service(ETS):米国ニュージャーシー州に本部を置く世界最大規模のテスト開発・リサーチ機関

2 ペーパー版TOEFL®テスト:公式TOEFL®テストは、当初ペーパー版(TOEFL® PBTテスト)として開発され、その後コンピューター版(TOEFL® CBTテスト)を経て現在はインターネット版(TOEFL iBT®テスト)の形式で行われている。

国内外の教育機関で幅広く利用されています

TOEFL ITP®テストは、教育機関を中心に世界の様々な国で幅広く利用されています。作成機関であるETSによれば世界50か国、2,500以上の団体で実施され、受験者は80万人以上に上ります。日本においても、大学、大学院、高等学校、官庁、企業等500以上の団体で使用されています。日本以外では国レベルの採用実績もあります。

高い相関性と妥当性を持つ、信頼のおけるテストです

TOEFL®テストは、ペーパー版から現在のインターネット版を通じて、テスト相互のスコアに、非常に高い相関性、妥当性を持つテストとして設計されています。TOEFL ITP®テストはペーパー版TOEFL®テストで使用された問題を使用し、0.95以上(※3)という高い信頼性を持つテストとして運用されています。

3 Reliability data are based on tests administered between January 2009 and December 2009 by ETS.

日本では唯一CIEEが取り扱いを行っています

TOEFL®テストプロダクトの取り扱いは、各国において実績・信頼のある教育団体に対しETSが委託して行います。CIEE Japanは1981年よりETSからTOEFL®テスト日本事務局として、TOEFL®テストプロダクトの委託を受けている、日本におけるTOEFL ITP®テストの唯一の運営団体です。

現在日本で行われているTOEFL®テストは、公式テストであるTOEFL iBT®テストと、団体向けテストであるTOEFL ITP®テストです。
TOEFL iBT®テストは2006年に日本に導入され、読む・聞く・話す・書く、の4技能を同時に測定するテストです。TOEFL®テストは全世界150か国、11,000か所以上の団体で利用されています。

TOEFL iBT®テストの詳細はCIEE Japan Webサイト、もしくはETS Webサイトを参照ください

 

TOEFL ITP®テストは、マークシート方式のペーパー版、インターネット接続可能なPCを使用するデジタル版の2種類があります。

TOEFLテスト

6つの特長

Reliable and accurate - 高い信頼性

Reliable and accurate - 高い信頼性

TOEFL®テストの特長である高い相関性、信頼性は、TOEFL ITP®テストも同様です。異なるレベル、テストフォーム間においても、高い相関性により、受験者の英語力を客観的に判断します。

Flexible scheduling - 柔軟な運営

Flexible scheduling - 柔軟な運営

テストの実施日、実施場所などは団体のご希望にあわせて設定が可能です。実施日の3週間前(但し、年末年始、ゴールデンウィーク等の大型連休を挟む場合は4週間前)までにお申込ください。

Flexible scheduling - 柔軟な運営

Proven track record - 継続的な測定が可能

項目応答理論 (IRT) に基づき厳正な環境下で作成されたTOEFL®テストは、異なるフォーム間でもスコアの正確な比較が可能です。団体の使用目的に応じた複数回の実施において、継続的な英語力の測定に最も適したテストです。

Two proficiency levels - 難易度に応じた2つのレベル

Two proficiency levels - 難易度に応じた2つのレベル

TOEFL ITP®テストには難易度の異なる2つのレベルのテストがあります。TOEFL® PBTテストと同じ難易度のLevel 1と、時間を短縮し易しい問題で構成したLevel 2を受験者に応じて選択いただけます。

Quick scoring - 迅速なスコアリング

Quick scoring - 迅速なスコアリング

採点結果を掲載したスコアを1~2週間でお返しします。採点をお急ぎの場合はラッシュ・スコアリング・サービス(有料)をご利用ください。通常採点の半分の期間で採点結果をお知らせします。

ラッシュ・スコアリング・サービスはペーパー版のみ

Affordable at any quantity - ローコストで、何名でも

Affordable at any quantity - ローコストで、何名でも

TOEEL ITP®テストは公式のTOEFL®テストの約7分の1の費用で実施が可能です。団体内でテスト問題を作成・採点されている場合、それらのコストは大幅に削減することが可能です。また最少10名から全学規模の実施まで、実施のサイズも幅広く対応可能です。

資料請求

TOEFL ITP®テストの資料請求は
こちらからご連絡ください。

資料請求はこちらから

facebook
twitter
line
教員向けライティング指導ツール
TOEFL ITP®︎テスト
TPO
Propell®︎ワークショップ
目標スコア別!おすすめ教材をチェック!
TOEFL Web Magazine