CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

団体・教職員の方へ

スコア受取団体になるには

スコア受取までの流れ

スコア受取団体になり志願者からTOEFL®テストスコア(Official Score Reports)を受け取るまでの流れは以下の通りです。

学校・団体がOfficial Score Reportsを受け取るための手順

STEP01

ETS受取部署決定
学校・団体内でスコア受領部署を決める。

STEP02

cieeETSへ手続
米国ETSにスコア受付団体(DI:Designated Institution)として登録する。

STEP03

ETS登録完了
DIコードをETSから受け取る。

STEP04

ETS志願者へ案内

入試要項やWebでDIコードを志願者に案内し、Official Score Reports(公式スコアレポート)の提出を求める。その際以下も明示。

STEP05

cieeスコア送付手続
志願者が志望校へOfficial Score Reportsを送付する手続をする。

STEP06

ETSスコア受取
ETSに登録したスコア受取部署にTOEFL® Test Official Score Reportsが届く。(アメリカから発送後4-6週間で到着)もしくはETS Data Manager上(オンライン)でスコアを確認(テスト日の約13日後もしくは受験者が送付手続を行った約4日後に確認可能)。
ETS Data Managerに関してはこちらをご確認ください。

スコア受取団体になるメリット

  • DIコードが発行され、受験者はそのコードを利用することにより容易かつ確実に志望先へOfficial Score Reportsを送付する手続ができます。
  • ETSから直接届くOfficial Score Reportsは改ざんの恐れがないので、セキュリティー面で安心です。
  • 受験者がDIコードを持つ学校を検索できる「Destination Search」(受験者がDIコードを持つ学校の検索などができるページ)に掲載されます。各団体のWebサイトへのリンクもあり、150か国以上に存在する何百万人ものTOEFL®テスト受験者にアピールする機会を持てるので、団体の知名度が上がります。

スコアレポートの種類

TOEFL iBT®テストには、Official Score Reports(公式スコアレポート)とTest Taker Score Report(受験者用控えスコアレポート)の2種類のスコアレポートが存在します。

Official Score Reports

ETSから出願先(受験者が希望する各機関)へ直接送付されるスコアレポートのことです。このスコアレポートは受験者の手元に届くこと(所有する)はなく、スコア改ざんの可能性もありません。

Test Taker Score Report

受験者用控えのスコアレポートのことです。現在、受験者は自身のTest Taker Score Reportをインターネット上の個人専用アカウントMy Home Page内でダウンロードでき、もし希望をすれば紙のスコアレポートがETSから郵送されてきます。
Official Score Reports及びTest Taker Score Reportには、スコアの他に氏名・顔写真・生年月日・試験日が記載されています。

*My Home Page上でダウンロードできるスコアレポートには「Test Taker Score Report」、ETSより紙で郵送されるスコアレポートには「Examinee Score Report」の名称が使用されていますが、どちらも「受験者用控えスコアレポート」であり、両者に違いはありません。

スコアレポートの送付

受験者がTOEFL®テストスコアの提出を大学等から求められた場合、ETSはOffical Score Reportsの利用を推奨しています。テスト申込時から受験後2年まで、受験者は以下の方法で志望先にOfficial Score Reportsを送付することができます。

*スクロールで図全体をご覧いただけます。

手続時期 料金 方法 ETSでのスコア発送
テスト申込時 4校まで無料 テスト日から約13日後
具体的な予定日
テスト申込後~
テスト前日午後10時
テスト申込がオンライン、郵送のいずれに関わらずMy Home Pageで手続
テスト日~
テスト後2年以内
1校につきUS$20 My Home Pageで手続 受領後3~5営業日
郵送またはFax(Score Report Request Form)で手続 FormをETSが受領してから約10営業日後

送付手続から発送、送付先のスコアレポート受取までの期間

score_content.gif

DIコード

学校·団体·企業などがTOEFL®テストスコア受取団体としてETSに登録することにより発行される4桁の数字、または4文字の英数字です。受験者はこの番号または英数字を使ってOfficial Score Reports(ETSから団体へ直接送付される公式スコアレポート)を志望先に送付するため、入試要項やホームページ等でご案内してください。

DIコードの登録はこちらから
www.toeflgoanywhere.org/asu-search/institutions/add/

注)団体内(別部署など)で既にDIコードを取得していないか必ずご確認の上、手続してください。同団体で複数のコードを取得されますと、志願者の混乱の元となり、トラブルにもなりかねません。(例:団体内の別部署へスコア送付手続をしてしまい、スコア未着と取り扱われる)したがって団体内での複数のDIコード取得は避けてください。

注)新たにスコア受取団体になった(DIコード取得申請をした)場合は、TOEFL iBT®テストスコア受取サービス“ETS® Data Manager”のアカウントが自動的に作成されます。申込時に登録されたEmailアドレス宛にログイン情報が届きますので、メールをご確認ください。

ETS® Data Managerの詳しいご案内はこちら

<DIコードの削除をご希望される場合>
DIコードに有効期限はございません。以前の担当者が作成されたDIコードを現在使用していない場合でも、受験者がスコアレポート送付手続をすればスコアレポートが送られてきます。
DIコードの削除をご希望される場合は登録団体名・DIコード・担当者等を明記の上(英語)、codecontrol@ets.orgまでご連絡ください。
一度DIコードを削除してしまうと、スコアレポートが届かなくなります。他部署でそのコードが使われていないか必ずお確かめください。

ETS® Data Manager TOEFL iBT®テストスコア受取サービス(オンライン)~

ETS® Data Manager(EDM)とはTOEFL iBT®テストスコア受取(DIコード所有)団体が受験者のスコア・プロフィール・写真をオンライン上で安全かつ迅速にご確認いただける専用ポータルです。EDMでご確認いただいたスコアは郵送で受け取るOfficial Score Reports(公式スコアレポート)と同様、公式なスコアとしてお取扱いいただけます(ETSから直接送付されたデータのため)。スコア受取団体は無料でご利用可能ですので、是非ご活用ください。

ETS® Data Managerの特徴

ETS® Data Manager活用のメリット

  • 受験者を介さずETSより直接データ送付されるため、公式なスコアレポート(Official Score Report)として、取扱うことができます。
  • 通常、テスト日より約13日後にスコア確認が可能になり、スコア確認までの時間が短縮されます。
  • 郵便事故でスコアレポートが届かないという心配がありません。
  • 受験者情報に関する記載内容は、紙のスコアレポートと変わりません。
  • 顔写真はカラー表示で、紙のスコアレポートに比べ鮮明に写っている為、本人確認が容易にできます。
  • 郵送での受取方法と併用して利用できます 。
  • 受験者データの抽出が容易にでき、PDFおよびExcel形式での保存が可能です。
  • より安全なスコア管理が可能になります。
  • 専用のソフトをインストールする必要はなく、インターネットに接続されたパソコンさえあれば、簡単に導入いただけます。
  • すべてのサービスを無料でご利用いただけます。

実際の画面

受験者のスコア検索画面

テスト日・受験者名・属性(生年月日・Registration Number等)のいずれかで検索可能です。

score_content.gif

登録申込

本サービスをご利用いただくにはご登録が必要です(利用料無料)。
以下のフォームよりETSにお申込ください。
portal.ets.org/instport/public/createuser
※ご利用の際のメールアドレスは、共有メールではなく個人メールを登録してください。

Official Score Reportのサンプル

郵送で送られてくるOfficial Score Reportと記載内容は同じです。

score_content.gif

本サービスをご利用いただくにはご登録が必要です(利用料無料)。
以下のフォームよりETSにお申込ください。
portal.ets.org/instport/public/createuser

※ご利用の際のメールアドレスは、共有メールではなく個人メールを登録してください。

本サービスのお問合せ先

ETS Code Control
電話:1-609-310-3252
(アメリカ東部時間 平日午前8時30分~午後5時)
Email:institutionportal@ets.org

スコア受取時の留意点

短い期間内にOfficial Score Reportsを提出するように指示することは避ける

日本の大学・大学院においては何月何日から何日までと定められている出願期間内に、TOEFL®テストスコアの提出を求めていることが多いようです。

TOEFL®テストの採点期間は大体10日間と決まっていますが、ETS内の諸事情により採点処理が遅れることや、逆に早まることもあります。またOfficial Score Reportsはアメリカから送付されるため、予定期日に発送されたスコアでも送付状況により送付日数が予想以上にかかることもあります。

このように、Official Score Reportsの到着日は志願者がコントロールできるものではないため、定められた短い期間に志願先へ提出することは非常に難しいことです。志願者の混乱を生む事態にもなりかねませんので、この点を十分にご理解いただきますようお願いいたします。

志願者にTest Taker Score Reportsを提出させる場合

TOEFL iBT®テスト受験者へのスコア通知はオンラインのみで、郵送によるTest Taker Score Reportの送付を希望する場合はテスト申込時またはテスト前日の午後10時までに手続する必要があります。(後日、有料で発行することもできます)

したがって、Test Taker Score Reportは全ての受験者が必ず手元にもっているものではありませんのでご注意ください。

また、Test Taker Score Reportの原本を提出させる場合は以下のような問題点があります。

志願者
Test Taker Score Report原本を送るように指示された場合、申込時は1通しか発行されないため、併願が難しくなる。テスト日以降に追加で発行依頼はできるが、費用も日数もかかってしまう。
大学側
Test Taker Score Reportは原本・コピーのどちらも志願者を介しているので、改ざんされたスコアを受け取る可能性がある。
facebook
twitter
line
教員向けライティング指導ツール
TOEFL ITP®︎テスト
Propell®︎ワークショップ
TOEFL iBT Complete Practice Test
TOEFL Web Magazine
目標スコア別!おすすめ教材をチェック!