CIEE Japan
TOEFL

TOEFL®テスト日本事務局

団体・教職員の方へ

世界で渡り合える人材育成を目指して

 
TOEFLアライアンス

第9回 TOEFL iBT®テスト指導者向け養成講座

英語教育の新たな動きに備え、これからの英語教育に何が求められるかをお考えいただくことで生徒の皆さんがTOEFL®テスト的な問題に慣れ、その結果TOEFL®テストのスコアUPに繋がっていく事を願っております。多数の先生方のご参加をスタッフ一同、お待ちしております。

概要

共 催 TOEFLアライアンス/CIEE
日 時 2018年7月15日(日)13:00~15:00 (受付開始 12:30~)
会 場 関西学院大学 大阪梅田キャンパス 1408号室
(阪急「梅田駅」 茶屋町口改札口より 北へ徒歩5分。JR「大阪駅」御堂筋出口から徒歩10分、地下鉄御堂筋線「梅田駅」から徒歩7分、「中津駅」から徒歩4分。)
対 象 TOEFLアライアンスメンバー校教員及び個人会員、英語教員、TOEFL iBTテスト指導者
参加費 無料
定 員 42名(先着順) ※定員になり次第、締切前でも申込受付は終了します
タイトル これからの英語教育を考える ~「デジタル教材の活用」と「使える英語力の養成」~

講師

米田謙三先生

関西学院千里国際中等部・高等部 校長
井藤眞由美先生

大阪府立高校の英語教員として10年間の勤務ののち、1992年~1998年の約6年間アメリカに滞在。駐在員妻と学生の二足の草鞋生活を送りつつ、三人の子供を現地幼稚園・小学校と補習校に通わせる。1998年San Diego State University大学院応用言語学[バイリンガリズム]Master’s Degree取得。2000年より英語科教員として着任。2009年より教頭として、iPad導入からBYODへの移行などICTも担当する。2016年より校長就任、併設のIB校である大阪インターナショナルスクールとの合同教育を進めている。大阪私学教育情報化研究会事務局 会長

米田謙三先生

関西学院千里国際中等部・高等部 社会科・総合探究科
米田謙三先生

専門分野はICTを活用した効果的な教育と協働学習。英語・情報・地歴公民科の教員免許を持ち、早くから教育の情報化や教科横断型に関する実践と研究を基に授業を行い、各地で教育の情報化に関するセミナーや研修会講師を務める。現在は同校の社会科・総合探究科に所属。
文科省委託事業 先導的教育情報化推進プログラム調査研究協力会議委員、大阪府高等学校情報科研究会 幹事、大阪私学教育情報化研究会 副会長、モバイルコンテンツ監視機構(EMA)啓発・教育プログラム部会リーダー会 構成員、等数々の委員を兼任。
主な著書・著作物:『デジタル教材活用ガイドブック』(大修館書店)、『すぐできる教育活用ブログ入門』(明治図書)、『電子黒板が創る学びの未来』(ぎょうせい)、その他多数。

CIEEレポート

Propellワークショップ参加のきっかけ

TOEFLアライアンスとの共催セミナー「第9回 TOEFL iBT® テスト指導者向け養成講座」が関西学院大学大阪梅田キャンパスにて行われました。猛暑日にも関わらず、33名の方々にご参加いただきました。

今回は「デジタル教材の活用」と「使える英語力の養成」をテーマに、関西学院千里国際中等部・高等部の井藤眞由美校長と米田謙三先生のお二人に登壇いただきました。(井藤校長は大阪私学教育情報化研究会会長、米田先生は同会副会長も兼務されています)

TOEFLアライアンスの活動

動画でチェック!TOEFL®テストとは

facebook
twitter
line
教員向けライティング指導ツール
TOEFL ITP®︎テスト
Propell®︎ワークショップ
TOEFL iBT Complete Practice Test
TOEFL Web Magazine
目標スコア別!おすすめ教材をチェック!