TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT®

TOEFL iBT® テストについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本情報

TOEFL iBT® テストをご理解いただくために、テストの基本情報をご案内します。

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)とは

TOEFL® テストは、1964年の開始以降、世界で最も多くの受験者に利用されている英語を母語としない人々を対象に実施されている国際基準の英語能力測定試験です。実施・運営団体は米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)です。 TOEFLテストスコアは、世界130か国、9,000以上の大学・短大、その他機関で活用されており、これまでに約3,000万人以上の方が受験しています。

現在、いくつかのテスト形式の変遷を経てTOEFL iBTテスト(インターネット版TOEFLテスト)を中心に実施しています。

TOEFL iBT® テストとは

TOEFL iBTテストは2005年9月に米国で導入され、日本では2006年7月から運用が開始されました。アカデミックテストとして、コミュニケーションに必要な「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に、かつ高い精度・公平性をもって測定されます。さらに、各スキルを組み合わせて、課題を遂行する能力を評価するなどどれだけ英語を「知っているか」ではなく、「使えるか」に焦点をあてています。

TOEFL iBT® テスト実施概要

受験会場:
日本各地の教育機関およびテストセンター
実施回数:
年間30~40回(主に土・日)
受験時間:
4~4.5時間(1日で終了)
受験料:
US $235
受験ポリシー:
受験間隔を中12日(受験日含まない)空ける必要あり
スコア確認:
試験日から約10日後にインターネット上で確認
スコア有効期限:
試験日から2年間有効
申込方法:
オンライン・電話・郵送のいずれか

 

*試験会場に関しての詳細はこちらで確認ください。