TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT®

3つのテスト形式

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL® テストには、現在世界中の受験者の96パーセントが受験しているTOEFL iBT® テストの他にTOEFL® PBTテスト(ペーパー版TOEFLテスト)、TOEFL® CBTテスト(コンピュータ版TOEFL® テスト)という形式の公式テストがあります。

3つのテスト形式紹介

TOEFL® PBTテスト(実施時期:1964年~現在)

マ-クシ-ト形式のテストです。同時に実施されるTest of Written English(TWE)のスコアはTOEFL PBTテストの ト-タルスコアには含まれません。日本では、2007年11月を最後に実施は終了しています。 また、ETSは、TOEFL PBTテストの段階的廃止を発表しています。

セクション 最低点 最高点
Listening Comprehension 31 68
Structure and Written Expression 31 68
Reading Comprehension 31 67
TOTAL 310 677

TOEFL PBTテストスコアは
(Listening Comprehension+Structure and Written Expression+Reading)×10 ÷ 3 で求められます。

  • *TOEFL PBTテストの問題を使用した団体向けTOEFLテストプログラム、TOEFL ITP® テストについてはこちらをご覧ください。

 

TOEFL® CBTテスト(実施時期:1998年7月~2006年9月末)

1998年7月に導入されたTOEFL CBT(コンピュータ版TOEFLテスト)は、新たにWriting セクションが加わり、 基本毎日試験が実施されていました。TOEFL iBTテストの導入を機に、2006年9月末をもって実施が終了しました。

セクション 最低点 最高点
Listening 0 30
Structure/Writing 0 30
Reading 0 30
TOTAL 0 300

TOEFL CBTテストスコアは
(Listening +Structure /Writing +Reading)×10 ÷ 3 で求められます。

 

TOEFL iBT® テスト(実施時期:2005年9月~現在)

2005年9月に導入されたTOEFL iBTテスト(インターネット版TOEFLテスト)は、Speakingセクションが加わるだけではなく、 同時に複数の技能を測定する問題が出題されるなど、よりコミュニケーション力に重点を置いたテストになりました。 現在、TOEFLテスト受験者の96パーセントがこのTOEFL iBTテストを受験しています。

セクション 最低点 最高点
Reding 0 30
Listening 0 30
Speaking 0 30
Writing 0 30
TOTAL 0 120

TOEFL iBTテストスコアは
(Reading+Listening+Speaking+Writing) で求められます。

3つのテスト形式のスコア比較表

ETSは、TOEFL PBTテスト、TOEFL CBTテスト、TOEFL iBTテストのスコア換算表を作成しています。

TOEFL PBTテスト TOEFL CBTテスト TOEFL iBTテスト
677 300 120
650-653 280 114-115
600-603 250 100
550 213 79-80
500 173 61
450-453 133 45-46
400-403 97 32
347-350 63 19-20
310 0 0

ただしTOEFL CBTテストは2006年9月末をもち全世界で実施終了しており、そのスコア有効期限も2年間のため、受験者が所有するスコアは意味をなしません。