TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT®

よくある質問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL iBT® テストについて

概要

TOEFL®テストの主催団体はどこですか
米国ニュージャージー州にある非営利教育団体 Educational Testing Service(ETS)が作成しています。TOEFL® テストの他にTOEICテスト、GREテストやアメリカで利用されている公的テストの大部分も手掛けており、教育専門家、言語学者、統計学者や心理学者など3,200名以上のスタッフを擁しているアメリカ最大規模の非営利教育団体です。
TOEFLテストとはどんなテストですか
英語を母語としない人々を対象に1964年から実施されている国際基準の英語運用能力テストです。オーストラリア、カナダ、イギリス、アメリカを含む130か国、9,000以上の大学・大学院に入学を希望する際に英語力の証明として必須とされており、全世界でこれまで延べ3,000万人以上の人が受験しています。
TOEFL iBT®テストの特長を教えてください
大学のキャンパスや授業といった実生活でのコミュニケーションに必要である「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に測定できます。テストセンターで1人1台のコンピュータが与えられ、全セクション全ての問題をコンピュータ上で解答します。同時に複数の技能(聞いて話す・読んで聞いて話す・読んで聞いて書く)を測定するIntegrated TaskがSpeakingとWritingセクションで出題されます。
受験資格はありますか
年齢制限や受験資格は一切ないので、どなたでも受験していただけます。
TOEFL iBTテストはいつから開始されましたか
2005年9月にアメリカとカナダで導入され、日本では2006年7月から開始されました。
日本国内の受験者数は毎年どのくらいいますか
ETSは国別及び年間受験者数を公表しておりませんが、今まで全世界3,000万人の方にTOEFLテストを受験していただいております。
形式の異なるTOEFL® CBTテストやTOEFL® PBTテストは日本で受験できますか
今現在、TOEFL iBTテスト以外の公式テストは日本国内では受験することはできません。TOEFL CBTテストは2006年9月に世界同時終了、TOEFL PBTテストは2007年11月に日本国内最後の試験が実施され終了しました。
なぜ他の英語テストではなく、TOEFL iBTテストを採用するべきなのですか
TOEFLテストは世界基準で行われている英語テストの中で最も歴史と実績があるテストです。テスト問題は客観性と信頼性が考慮され、非常に高い精度で作成されておりますので、どの国でいつ受験しても、受験者の英語力を正確に測定できます。その信頼性により、スコアを利用している団体の4/5の団体はTOEFLテストを最も信頼できるテストとして評価しています。(ETS調べ)