TOEFL iBT® テストPropell® ワークショップとは?

TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップとは?

 

Propell® ワークショップとはTOEFL® テスト開発・運営元の米国Educational Testing Service(ETS)が世界中の英語教員向けに開催しているワークショップのことです。
TOEFL iBT® テストPropell® ワークショップは、TOEFL iBTテスト(英語を母語としない人々の英語運用能力を測定する試験)における問題のねらい、採点基準や指導法等についてご理解いただくことを目的としています。
世界各国で実施されている本ワークショップの大きな特徴は、ETS公認トレーナー(ETS Authorized Propell Facilitator)により、ETS独自のMaterialを使用しながら世界共通の内容でインタラクティブに行われる点です。
日本においては2011年よりETSとTOEFLテスト日本事務局である国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部が共同で開催しており、参加者からは「非常に有益なワークショップ」との感想を多数いただいています。
これまでに参加されたことのない方はぜひこの機会にご参加ください。また過去に参加されたことがある方も他の参加者と新たなアイディアを共有いただきながらTOEFL iBTテストへの理解をより一層深めていただく機会として、本ワークショップをご活用いただければと思います。皆様のご参加をお待ちしております。

ETSサイト: https://www.ets.org/toefl/teachers_advisors/propell_workshop

Propell® ワークショップの魅力

~参加者からの感想をもとにワークショップの魅力をまとめました~

[魅力1]採点体験

こちらの採点基準表を使いながら行います。

 

[魅力2]参加者同士の情報交換

ワークショップを通じて他の参加者から英語教授法のアイディアやヒントを得ることができます。

 

[魅力3]アクティビティ

ワークショップでは授業にも活用できる様々なアクティビティが行われます。

 

[魅力4] ETS公認トレーナー

トレーナーは全員、米国ETS本部でトレーニングを受け、ETSより「ETS Authorized Propell Facilitator」として認可を受けています。

 米国ETS公認トレーナー(ETS Authorized Propell Facilitators)のプロフィール

上記のほかETSの資料や説明内容などにも“Informative”とのコメントを多くいただいており、本ワークショップは参加者から高い評価を得ています。

開催概要

対象

英語教員(小・中学校、高校、大学、専門学校、語学学校等)

定員

各30名(各会場、同じ団体からのご参加は3名様までとさせていただきます)

使用言語

ワークショップは英語で行われます。

講師

ETS Authorized Propell Facilitators

参加費

3,000円(ワークショップ使用ETS作成Propell kit、昼食代含む)
※お支払は事前振込になります

▼開催詳細・申込

2017年の開催は決定次第、本Webページで発表します。
「申込開始のお知らせ」メール受信を希望される場合は、下記ボタンよりご登録ください。

  • お申込はこちら

 

その他

参加後ETSより修了書が発行されます。

 

※本ワークショップは昨年と同様の内容になります。

 

Propellワークショップで使用される資料

世界共通で使用されているETS作成PowerPoint(PPT)の一部(2015年使用)をご紹介します。ワークショップはこれらのPPTを用いながらインタラクティブに進められます。