TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 学校教育機関・法人向け専用Webサイト

CIEE

大阪府「骨太の英語力養成事業」

大阪府では他の都道府県に先がけ、平成26年より4技能を統合して英語力を向上させるために、「骨太の英語力養成事業」として、府立高校においてTOEFL iBT® テストの内容を取り扱った授業を導入しています。TOEFL iBTテストのコンセプトを盛り込んだシラバスの作成や、Super English Teacher(SET)※の配属、TOEFL iBTテストのオンライン模擬テストの導入などを用い、高校3年間のあいだに、英語によって海外の高等教育機関で学ぶことのできる英語レベルの習得を目指すこととしています。府立高校のみならず、私立高校でも、「TOEFL iBTチャレンジ支援事業」として支援策が予算化されています。

この「骨太の英語力養成事業」は、大阪府が小・中・高を通じて一貫して行う、グローバル化する世界環境の中で通用する人材の育成を目指す英語教育推進事業の一環として行われます。小学校の初期段階から4技能をバランスよく習得する英語学習を推進し、高校レベルでは、大学進学後に引き続き「英語を学ぶ」のではなく、「英語で学ぶ」ことのできる英語力・コミュニケーション力の育成を図ります。また、高校入試においても、TOEFLテストのスコアによる優遇や、従来よりも、よりプラクティカルな英語入試問題の作成も行われることとなっています。

平成27年度から始まったSETの授業では、「話す」「書く」に関してこれまでよりも高いレベルが要求されながらも、生徒が楽しみながらチャレンジしている様子がうかがえます。

英語教員を対象にしたETS公認のトレーナーによる研修講座も開催され、大阪府では、今後ますます高いレベルで4技能英語のスキルを持つ高校生が育成されることが期待されます。

関連Webページ

 

※Super English Teacher(SET)について
大阪府公立学校教員として、TOEFL iBT等を活用した英語教育の授業を担当するほか、同教育の指導方法・教材の開発、カリキュラムの改善に取り組む。また他の英語教諭の能力を高め、同教育を担う人材の育成にあたる。SETの詳細はこちら

 

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部は、TOEFLテスト日本事務局として、テストの開発・運営元である米国Educational Testing Service(ETS)と協力し 、大阪府の取り組みを様々な側面からサポートしています。