TOEFL

TOEFL® テスト日本事務局 教育機関・法人の方専用Webサイト

CIEE

TOEFL iBT® テスト指導者向け養成講座

TOEFL iBT® テストの最大の特徴は技能統合型問題であることを、2015年7月に開催した長沼君主先生(東海大学)による本講座で再確認することができました。実際に、先生方の講座内容に対するご要望でもこの問題形式の指導方法が常に上位を占めています。多くの先生方が、有効な試験対策法や、日々の授業でどのように力をつけさせるかを模索されていることがうかがえます。
そこで、今回の講座では、技能統合型アウトプット活動の柱となるQUADRATIC STRUCTUREを自ら開発・実践し、大きな成果を挙げている立命館宇治高等学校マイケル・プライド先生を講師としてお招きします。また、マイケル先生は国際バカロレアのカリキュラムであるTOK(知の理論)や、アクティブラーニングもすでに英語授業に応用されています。
当日は、スーパーグローバルハイスクール(SGH)の授業視察で来校された文部科学省太田光春視学官も大絶賛された授業を中心に、QUADRATIC STRUCTUREを基盤として、生徒自身が授業を主導し英語によるコミュニケーション能力を獲得していく過程を、豊富なビデオ映像を視聴しながら英語で解説していただき、同校の仲田毅先生からのコメントも交えながら立命館宇治高等学校の取り組みを紹介いただきます。

概要

共 催:
TOEFLアライアンス/CIEE
日 時:
2015年10月17日(土)14:45~16:45 (受付開始 14:15~)
エル・おおさか 本館5階 研修室2
(京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」徒歩5分)
対 象:
TOEFLアライアンスメンバー校教員及び個人会員、英語教員、TOEFL iBTテスト指導者
参加費:
無料
内 容:
TOEFL iBT® テスト技能統合型問題に対応できる授業づくり
~QUADRATIC STRUCTUREの実践~

講師

マイケル・プライド先生
立命館宇治高等学校
ニュージーランド出身。母国と日本でさまざまな国籍の生徒たちに20年以上英語を教える。オタゴ大学で教育学と日本文学の修士号取得。応用言語学博士(2013取得)専門は談話分析。現在立命館宇治高等学校専任教諭。海外留学を想定したテキスト “Great Day For Conversation”をNellies English Books Japanから出版予定。

TOEFLテスト紹介動画-TOEFLテスト日本事務局

*TOEFLテストの紹介動画です。TOEFLテスト日本事務局Webサイトも併せてご参照ください。

申込

*お陰様で大変好評につき、本セミナーは定員となりました。次回に開催予定のセミナーのご案内は下記ページにて随時お知らせします。今後も定期的にセミナーを開催しておりますので、引き続きご利用ください。
TOEFLアライアンスの活動

 

お問合せ先